物件タイプ別

【危険】空き家となったマンションを今すぐ売却した方がいい理由

マンション売却 空き家

相続など様々な理由で空き家となったマンション、放置していませんか?この記事を読むと、空き家を放置することによる危険と、売却するべき理由が分かります。

空き家を売却するきっかけ

実家を相続したが誰も住まない

遺産相続によって実家を引き継いだとしても、相続人が既に独立して暮らしており、実家に戻って暮らすメリットを感じられない場合には、せっかく相続した物件を空き家として持ち続けるということになってしまいます。

誰も住んでいなかったとしても固定資産税は支払い続けていくことになるため、将来的に実家に戻って生活を送る可能性が一切無いということであれば、不必要なコストをカットするためにも積極的に売却を検討していくべきでしょう。

親が老人ホームに入った

実家暮らしをしていたご両親のいずれか、あるいはその両方が、老人ホーム等の介護施設に入居し、結果として実家が空き家になってしまったというケースです。

この場合においても維持費がかかり続けてしまうため、ご両親が実家に戻ってくる可能性が無い場合、あるいは施設を対処した際には引き取ることを前提に考えているという場合であれば、そのまま空き家を放置しておくことは得策とは言えません。

空き家を早く売った方がいい理由

老朽化

人手を離れ、メンテナンスされることが無くなった空き家は老朽化が非常に早く、強風や台風によって屋根が落下したり、最悪の場合では大地震などの天災が起こらずとも自然に倒壊してしまう恐れがあります。

そのような危険な状態を招く物件を放置しておくと、罰則を受けたり、行政による解体等の処分を受けた際にも、工事にかかった費用を所有者が負担する義務が生じます。

また、景観を損なうといった理由から近隣住人からの不評を買ってしまう可能性も考慮しなければなりません。

犯罪

近年では、空き家に不法滞在中の外国人が住み着いてしまったり、犯罪組織が悪用することによって犯罪の拠点として利用されてしまうというケースが多発しており、社会問題化しています。

特にオレオレ詐欺のような特殊詐欺で、現金の送付先に空き家を指定したり、空き家の住人を装って被害金を受け取るといった手法により、空き家が犯罪に利用されるケースが目立っています。

また、死体遺棄の現場として空き家が利用されていたり、麻薬の製造工場として利用されていたりという事件も実際に起こっています。

火事などネガティブな理由

誰も住んでいないから、といって軽く見てしまいがちですが、空き家が火事になってしまうということも起こり得ます。

特に送電が行われている状態のまま放置していると、ネズミなどの小さな動物が配線をかじり、それが原因で火事が引き起こされてしまうことがあります。

また、放火のターゲットとなり、空き家が全焼してしまうという事件も頻繁に起こっています。

家事を起こしてしまうと、自分の所有している物件ばかりではなく、近隣の住宅を延焼させてしまう恐れがあり、そうなってしまった場合には所有者に対して重過失が問われる可能性があるため、充分な注意が必要となります。

空き家を放置すると固定資産税が高くなることも

2015年5月26日から、空き家対策特別措置法が施行されました。

これは増え続ける空き家を減少させるための法律であり、所有者が空き家を放置した場合には、空き家にかかる固定資産税が6倍にまで増額されるか、強制的な解体を命じられるかという重い処罰を受けなければなりません。

空き家対策特別措置法は、全ての空き家に対してただちに適用される法律ではありませんが、自治体が有害な空き家であると判断した場合には処罰の対象となり、その旨の通知を受けることになります。

空き家の売却で税制優遇を受けられる

空き家を売却した際に、売却価格が取得費を上回っていた場合には譲渡所得税が課されます。

1970年代までに建てられた物件の多くは、土地を安い価格で取得しているため、そのぶん利益が増え、譲渡所得税の金額も大きくなる傾向にあります。

この税制が足かせとなり、家を売りたくても売れないというケースも目立っていました。

しかし、2016年の4月から空き家を売却した利益から3000万円を控除できる制度が設けられました。

2019年の12月31日までの間に売却しなければならないことや、売却額が1億円を越えていないこと、相続時から売却時点まで、居住や貸付け、事業などで使用していない空き家であることなど適応条件こそありますが、この制度によって空き家を売却しやすくなりました。

空き家を高く売るには

一括査定を利用して複数の業者に査定を受ける

空き家を少しでも高く売るためには、一つの不動産会社から査定の見積もりを受けるのではなく、一括査定を利用して複数の業者からの査定を受けることが重要です。

一括査定を利用すれば、不動産の価値について客観的な目線から見ることができ、高く査定してくれる業者を見逃すことがありません。

業者によって、不動産の評価額の差は数十万円から数百万円にまでのぼることも珍しくないため、空き家を売却する際には複数の業者からの査定額を確認できる一括査定の利用を強くおすすめします。

売却額700万UPに成功!わが家も利用した査定サイト【NTTグループ運営】

自宅マンションを高く売るには?

わが家では自宅マンションを700万高く売却するのに成功しました。以下のページでコツや売却ノウハウを公開しています。

売却額700万UPに成功!マンション売却の5つのコツ

コメントを残す