売却準備

マンション売却にかかる期間はどれくらい?【わが家の売却体験から】

マンション売却の期間は平均3ヶ月から6ヶ月程度

マンション売却が決まる時間は、不動産会社と媒介契約を結んでから3ヶ月から6ヶ月が一般的です。

不動産業者と媒介契約を結ぶ期間も3ヶ月単位になっていて、不動産業者はマンションが3ヶ月以内に売れる可能性がある査定額を出してきます。

住替えや引っ越しなど先の予定が決まっていて、高く売るよりスピードを優先する場合は、不動産会社の査定額で売出しを開始します。

売却が決まってから住替え先を見つけることになっている場合や、既に空室の場合など、スケジュールに余裕があり、早く売るより、少しでも高く売ることを優先する場合は、最初の3ヶ月は、情報収集や様子見の期間として、次の3ヶ月で売れるように徐々に値下げしていく進め方がおすすめです。

詳しくは次のページにまとめています。

半年以上たっても購入申し込みが一件も入らなければ方針の見直しを

不動産会社と相談もしたしマンションがすぐ売れるだろうと自分では思っていたとしても半年以上も売れない、という場合があります。

そのような時は何が原因なのかしっかりと方針の見直しを行ないましょう。

売れない原因で一番多いのは、売り出し価格が高すぎることです。

売り出し価格を適正価格に変更するだけですぐ売れる場合があるので、そこはきちんと見直してみて下さい。

適正価格を知るには、一括査定サイトで複数の不動産会社から査定を受けることが必須です。

中には、不動産会社がきちんと営業をしてくれていなかったりやる気がなかったりと、不動産会社にマンションが売れない原因がある場合もあります。

その時は不安がらずに思い切って不動産会社を変更する方がよい結果に結びつきます。

不動産会社を変える時は、一括査定サイトで複数の会社から見積もりをもらい、比較してから決めましょう。

売却額700万UPに成功!わが家も利用した査定サイト【NTTグループ運営】

マンション売却に1,2年もかける人もいるがデメリットも多い

どうしても自分が希望する高い価格で売りたいがために1、2年と時間をかけてマンション売却活動を行う人もいますが、それはデメリットが多いのであまりお勧めはしません。

マンションが売れないことによるストレスが自分は勿論のこと、家族にも及ぶことがあります。

ストレスが日々の生活に大きな悪影響を及ぼす可能性も考えられるので、ストレスを溜め込んでしまうマンション売却活動は控えましょう。

マンション売却活動が長引くと必然的にマンションの維持費がかかることになります。

売り出し中はまだ自分のマンションになるので、修繕積立金や管理費、固定資産税といったものは全て自分の支払いなのです。

生活のことを考えると、早めにマンションを売却してそのような出費からおさらばしたいですよね。

マンション売却活動が年単位で長引くと、不動産会社も力を入れて営業してくれませ

不動産会社は多くの売買の契約があるので、売れないと分かっているマンションのためにわざわざ力を入れて営業しません。

契約や利益のためにも、出来るだけ短期間で契約を成立させないと仕事に影響が出きてしまいます。

売れないマンションをひたすら営業をしても不動産会社にとって何もメリットがないため、それに当てる労力は必然的に少なくなるのです。

自宅マンションを高く売るには?

わが家では自宅マンションを700万高く売却するのに成功しました。以下のページでコツや売却ノウハウを公開しています。

売却額700万UPに成功!マンション売却の5つのコツ

コメントを残す